消費税の軽減税率制度とは何?いつからいつまで?対象は?内容を簡単に説明します

消費税の軽減税率制度とは何?いつからいつまで?対象は?内容を簡単に説明します

 

2019年10月に予定している消費税増税10%まで、あと少しとなりました。
今回の消費税増税では、様々な消費税増税対策が行われる予定です。
その中でも私たちに一番身近だけど分かりにくい、軽減税率制度について分かりやすく簡単にご説明いたします。

 

 

消費税の軽減税率制度とは?対象は?

 

2019年10月に消費税が10%になる時に導入される制度です。
日々の生活に欠かせない飲食料品(酒や医薬品除く)と定期購読の新聞は消費税率を8%のままに据え置く制度です。
外食や店内での飲食は対象外で消費税税率10%になります。

 

 

軽減税率制度は、いつからいつまで?

 

2019年10月の消費税率10%への引き上げと同時に軽減税率制度もスタートします。
いつまで実施されるかは未定です。

 

 

軽減税率制度は、何のために実施するの?

 

低所得者の負担を和らげるため。
しかし、実際は1人当たりや世帯当たりの軽減税率に上限額や年収制限などがなく、高級な食品であっても軽減税率の対象となり、高所得者も恩恵を受けます。

 

 

軽減税率制度の問題点は?

 

消費者にとって、同じ商品でも売り方によって価格が異なり分かりにくい。
例えば、ファストフード店でハンバーガーを持ちかえれば消費税8%だが、店内で食べるなら消費税10%になります。

 

商品によっては、8%、10%の見極めが難しい。
例えば、アルコール度数1度以上の「みりん」はお酒に分類され10%だが、それより度数が低い「みりん」は8%になります。
栄養ドリンク剤も、医薬部外品なら10%ですが、清涼飲料水なら8%になります。

 

消費者だけでなく事業者にとっても分かりづらい。
販売店舗のレジやシステムの変更に手間と費用がかかり、準備が遅れているのが現状です。
また、店舗は価格表示も見直す必要があります。

 

 

〔2019年/令和元年6月13日:記事作成〕

その他の、おすすめ情報

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも?

入力後すぐに分かります。