消費税増税対策を簡単にまとめてみました(2019年10月8%→10%へ消費税増税)

消費税増税対策を簡単にまとめてみました(2019年10月8%→10%へ消費税増税)

 

2019年10月に予定している消費税増税10%まであと少しになりました。
政府は所費税増税後の消費の落ち込みを懸念して、様々な消費税増税対策を準備しています。
そこで分かりにくい消費税増税対策を分かりやすく簡単にまとめてみました。

 

政府が実施する主な消費税増税対策(2019年10月8%→10%への消費税増税時)

 

1.軽減税率の導入
2.キャッシュレス決済でポイント還元
3.プレミアム商品券の発行
4.住宅購入支援
5.自動車関連税制
6.教育無償化や社会保障の拡充

 

 

〔軽減税率の導入〕
日々の生活に欠かせない飲食料品(酒や医薬品除く)と定期購読の新聞は消費税率を8%のままに据え置く。外食や店内での飲食は対象外。

 

 

〔キャッシュレス決済でポイント還元〕
中小小売店でクレジットカードや電子マネーなどキャッシュレス決済で買い物をすると、最大5%分のポイントを還元する。
2020年6月まで9ヶ月間の期間限定。

 

 

〔プレミアム商品券の発行〕
400円で500円分の買い物ができる商品券。最大25000円分まで購入可能。25000円分の商品券が20000円で買える。
低所得者(住民税非課税世帯)、0〜3歳半の子供をもつ親が対象。2019年10月から半年間使用可能。

 

 

〔住宅購入支援〕
住宅ローン減税を10年から13年へ3年間延長。2019年10月から2020年12月までに入居する人が対象。

 

すまい給付金の拡充。住宅購入者への給付を、年収510万円以下の人に最大30万給付を年収775万円以下の人に最大50万円に拡大。

 

次世代住宅ポイント制度。省エネや耐震などの性能が高い住宅を購入・改修した人にポイントを付与する仕組み。最大35万ポイント。1ポイント1円相当で省エネ製品などと交換できる。

 

 

〔自動車関連税制〕
2019年10月以降に購入した車の自動車税を最大4500円減額する。減額は期間限定ではなく継続される。
自動車取得税が廃止され燃費性能に応じた環境性能割が導入される。車の価格の最大3%。消費税増税後の1年間に限り一律1%軽減。

 

 

〔教育無償化や社会保障の拡充〕
3〜5歳の全世帯、0〜2歳の住民税非課税世帯を対象に幼稚園・保育所などが無料になる。
高等教育の無償化。介護人材・保育士の処遇改善。待機児童の解消。年金生活者の支援給付金。介護保険料の負担軽減など。

 

 

〔2019年/令和元年5月21日:記事作成〕

その他の、おすすめ情報

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

入力後すぐに分かります。