スポンサードリンク

出国税(国際観光旅客税)はいつから?2019年1月7日からスタートです。

日本でも海外に行くたびに税金がかかるようになります。
日本を出国する日本人、訪問外国人から1人あたり1000円を徴収する新税「国際観光旅客税(出国税)」が2019年(平成31年)1月7日からスタートすることが決まりました。
恒久的に徴収する国税の新設は27年振りとなります。
「国際観光旅客税(出国税)」の対象者・支払先・支払方法・税収金額・使い道など詳しくご説明いたします。

 

 

≪出国税(国際観光旅客税)の対象は?≫

 

日本を出国する日本人・外国人。
乗員や乗り継ぎ客、2歳未満の子供は対象外です。

 

 

≪出国税(国際観光旅客税)の支払い方法は?≫

 

出国税(国際観光旅客税)は、航空機や船で出国する際、運賃とまとめて徴収します。
実際には航空会社や船会社、旅行会社などの企業が徴収します。

 

 

≪出国税(国際観光旅客税)の税収金額は?≫

 

初年度は、60億円を見込んでいます。
それ以降は、430億円と予想しています。

 

 

≪出国税(国際観光旅客税)の使い道は?≫

 

・最新技術を活用した顔認証ゲート
・訪日人数4千万人に向けての海外への情報発信、地方の観光振興策
・快適な旅行のための環境整備
・体験型観光の満足度向上
・日本の魅力に関する情報発信強化
 など

 

 

≪出国税(国際観光旅客税)の導入国は?≫

 

韓国:1000円
台湾:1810円
中国:1500円
香港:1750円

 

飛行機は現状でも旅行代金とは別に、空港税(空港施設利用料)を徴収しており、今後は更に出国税まで徴収しなくてはなりません。
出国税(国際観光旅客税)の徴収に伴う各企業のシステムの変更も必要となってきます。
出国税(国際観光旅客税)の使い道などを明確にして、各企業・利用者が納得できる新税にしてもらいたいです。

 

 

〔2018年/平成30年5月15日:記事作成〕

その他の、おすすめ情報

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも?

入力後すぐに分かります。