スポンサードリンク

たばこ・加熱式たばこの値上げ(増税)は、いつから?いくら上がるの?

タバコ税が、2018年10月から4年かけて、1本当たり3円程度値上げ(増税)されます。
2018年10月に1本当たり1円ずつ値上げ(増税)、2020年と2021年にも1円ずつ値上げ(増税)します。2019年だけは、2019年10月に消費税増税が予定されているために据え置くようです。
たばこ税の増税は8年振りとなります。
1本3円の値上げ(増税)となれば、20本入り1箱あたり60円の値上げとなります。

 

また、最近普及する加熱式たばこも併せて値上げ(増税)されることが決まりました。
急速に普及した加熱式たばこは、税額が紙巻きたばこに比べて低いために値上げ(増税)となるようです。
2018年10月1日から5年をかけて段階的に値上げ(増税)されます。
税額は重量と小売価格をもとに税額を算出する仕組みとなるようです。
現在の小売価格が変わらなければ、メーカにより約78円〜約176円の値上げになりそうです。

 

▼加熱式たばことは
電気式の専用器具で葉たばこに熱を加えることで、ニコチンを含む蒸気を吸う新型のたばこのことです。
直接加熱する方式と、葉たばこから離れた場所に熱源を持つ2種類の方式があります。
葉たばこを燃やす紙巻煙草に比べ、においが少ないのが特徴で、販売量が急増しています。
現在、国内で販売されている主な種類は、アイコス、グロー、プルームテックの3種類です。

 

 

政府は2019年10月に予定されている消費税増税10%への引き上げに合わせて、軽減税率の導入、教育の一部無償化などを目指しています。
消費税増税時に導入される軽減税率により1兆円規模の税収減が見込まれ、そのうち約6千億円は財源のめどがたっていません。さらに消費税増税の増収分の一部を教育無償化にあてる見直しも加わり、その分の減収による穴埋めの財源として、たばこの値上げ(増税)が出てきたようです。

 

たばこの値上げ(増税)により、ますます、たばこ離れに拍車が掛かりそうです。

 

 

〔2017年/平成29年11月22日:記事作成〕
〔2018年/平成30年5月9日:記事修正〕

その他の、おすすめ情報

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも?

入力後すぐに分かります。