2017年、衆議院選挙、消費税増税への各党の公約を比較

スポンサードリンク

2017年、衆議院選挙、消費税増税への各党の公約を比較

2017年10月22日(日)に投開票の衆議院選挙に向けて、消費税増税に関して
各党の公約が出ております。

 

今回の衆議院選挙では、2019年10月の消費税増税が大きな争点となり、
各党の主張がくっきり分かれています。

 

 

≪所費税増税に関する各党の公約の比較≫

 

 

▼予定通り消費税増税を実施

 

自由民主党・公明党

 

消費税増税の使い道を変え、子育て世代の支援の充実や
教育無償化などに充当する。

 

 

▼消費税増税を凍結・延期

 

希望の党・日本維新の会・立憲民主党・日本のこころ

 

本格的な景気回復までは消費税増税は凍結。
国民に負担を求める前に政治家が身を切る改革で消費税増税を凍結。

 

 

▼消費税増税を中止・反対

 

日本共産党・社会民主党

 

10%への増税中止。富裕層や大企業の税負担で財源づくり。

 

 

〔2017年/平成29年10月17日:記事作成〕

 

その他の、おすすめ情報

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも?

入力後すぐに分かります。