消費税増税により2014年度の税収が21年ぶりの高水準に

スポンサードリンク

消費税増税により2014年度の税収が21年ぶりの高水準に

平成27年7月3日に財務省が発表した2014年度の税収は53兆9707億円で、
バブル崩壊直後の1993年度に迫る21年ぶりの高い水準となりました。

 

税収は5年連続増加しています。
また、前年度と比べた増加額は過去最大となっています。

 

税収が増えた要因は、2014年4月の消費税増税8%への引き上げで、
消費税収が2013年度に比べて約5兆2千億円増えたこと、企業の業績の
改善で、法人税や所得税が増えたことが考えられます。

 

税収が増えても歳入の4割程度を国債に依存している構図に変わりはないので、
今後も余裕はないのが実情です。

 

 

〔平成27年7月9日:記事作成〕

 

 



 

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも? 45秒の入力で、すぐに分かります。