火災保険料が値上がり?

スポンサードリンク

火災保険料が値上がり?安くする方法

火災保険料が、2015年度中に、3〜5%程度、値上がりする見通しです。
また、これまで最長35年間の一括払いが可能でしたが、この改定により、
保険期間が10年までとなりそうです。

 

火災保険料が全ての建物で値上げされるのは、1998年の保険料の自由化以来
初めての事です。

 

2014年4月からの消費税5%から8%への増税に加え、家計にとっては、
ますます負担が増えることになります。

 

 

≪火災保険料の値上げの背景≫

 

1.近年、自然災害や水濡れ災害による保険金の支払いが増加しているため。

 

2.地球温暖化により、将来予測不能な自然災害が増えてきているため。
  (台風、ゲリラ豪雨、竜巻など)

 

 

≪火災保険料を安くする方法≫

 

1.住まいの環境に不必要な補償が付いていないか確認し、必要な補償を選択したり、
  はずしたりする。

 

2.今後の火災保険料の値上がりを見据えて、今のうちに長期契約に切り替える。

 

火災保険料を安くするためにも、火災保険料の値上げに迅速な対策を
取ることが大切です。

 

 

最近ではインターネットでも火災保険料の一括見積もりをしてくれるサイトも
ありますので、火災保険料を安くするために参考にされて下さい。

 

 

〔平成26年10月10日:記事作成〕

 

 



あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも? 45秒の入力で、すぐに分かります。