消費税増税がいつから10%なるか。影響や対策・メリット・デメリット。経過措置や現金給付など。

スポンサードリンク

軽自動車にも燃費課税を増税?

2014年9月、総務省は2015年度から、軽自動車の購入時に、燃費性能に応じた
税金をかける検討に入りました。

 

燃費が極めて良ければ課税されず0%ですが、燃費が悪いと最大で購入金額の
3%の税金がかかります。その税金は地方自治体の収入になります。

 

軽自動車の税金に関しては、普通車や軽自動車を買う時に自治体に払う自動車
取得税は、消費税率が10%になる段階で廃止することが決まっています。

 

燃費課税は地方の税収を確保する狙いもあります。

 

軽自動車税は年1回、持ち主にかかる税金のことです。現状では7200円ですが、
2015年4月に10800円に上がります。

 

すでに普通車では燃費課税は決まっていますが、今後は軽自動車にも燃費課税
の分が増税されそうです。

 

 

≪燃費課税とは≫

 

自動車を買った時に燃費性能に応じた税金を徴収するしくみのことです。
2015年10月の消費税再増税に合わせて普通車に導入することが決まっています。
燃費に応じて、車の購入金額の0〜3%の税金を徴収します。
軽自動車に導入するかは未定でした。

 

 

〔平成26年10月2日:記事作成〕

 

 



 

 

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも? 45秒の入力で、すぐに分かります。