給食費も消費税増税で値上げ、給食費の未納問題も

スポンサードリンク

給食費も消費税増税で値上げ、給食費の未納問題も

2014年4月からの消費税増税8%に伴い、小中学校の給食費も
値上げの動きが出てきています。

 

食材費の高騰分を加えて給食費を値上げする市町村もあれば、
食材の購入先を見直したり市町村の補助で負担増を抑えたりと、
給食費を据え置く所もあり、その対応については、県の市町村に
よってバラバラです。

 

しかし、値上げを見送った小中学校も、2015年10月に予定されている
消費税増税10%の時には、給食費の値上げを検討するとしています。

 

また、給食費の未納問題も深刻です。
文部科学省の調査によると、全国の公立小中学校で、平成24年度に
給食費未納の割合は0.9%(総額約22億円)にもなるとのことです。

 

「子供たちに、美味しい給食を食べてもらいたい」と、給食費の値上げにも
きちんと対応する保護者がいる一方で、給食費を払えるのに払わない保護者も
いるのが現状です。

 

経済的な問題は別として、保護者の常識が問われるところです。

 

 

〔平成26年4月18日:記事作成〕

 

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも? 45秒の入力で、すぐに分かります。