消費税増税がいつから10%なるか。影響や対策・メリット・デメリット。経過措置や現金給付など。

スポンサードリンク

消費税増税で自動車保険料、平均2.5%値上げ

消費税増税3%に伴う経費増加分や修理費の単価上昇などにより、
損保ジャパンは2014年7月から、日本興亜損害保険は9月から、
自動車保険料を平均2.5%値上げすると発表しました。

 

自動車保険は修理にかかる費用や代理店に支払う手数料などには
消費税かかるが、契約者からの保険料は非課税で消費税がかからない
ために収入は増えません。

 

保険料を据え置くと収益が悪化するために、値上げで消費税増税分を
補う必要があります。

 

今後は、2社以外の損保会社、あいおいニッセイ同和損害保険、
東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険も、追随する可能性が
あります。

 

値上げ率は平均で2.5%で、値上げ率は契約者によって異なります。
ゴールド免許の保有者は、改定前よりも保険料は安くなります。

 

自動車保険を選ぶユーザーにとって、今後の損保各社の動向に注目です。

 

消費税10%に向けての動向も気になるところです。

 

 

〔平成26年4月14日:記事作成〕

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも? 45秒の入力で、すぐに分かります。