消費税増税前に買うものランキング

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前にあなたの車も買い替えた方がお得かも?
32秒のカンタン入力で、買い取り価格を無料で調べることができます。
私の車も以外に高値でした(驚)。詳しくは下記の公式サイトで!


消費税増税に関する記事は左サイドのメニューをご覧ください(下に行くほど新しい記事です)

スポンサードリンク

消費税増税前に買うものランキング

消費税増税を間近に迎え、消費税増税前に買うものを検討する方も
多いかと思います。
そこで、消費税増税前に買うものを分かりやすくまとめてみました。

 

まず、消費税増税前に買うものとして考えるのが高額商品です。

 

例えば住宅や車などです。

 

住宅は、消費税増税後でも「住宅ローン減税」や「すまい給付金」が
あるので、あわてて消費税増税前に買うものとして検討する必要はないでしょう。
しかし、4月以降は地価・資材費・人件費の上昇が懸念されるので、
消費税増税後、早目に検討された方がよさそうです。

 

車は、別の記事でも紹介しましたように、エコカーや軽自動車の購入を
考えている方、10年以上前の古い車に乗っている方は、消費税増税前に
買うものとして早急に検討した方がいいでしょう。
ただし、消費税が5%になるのは、3月までに登録できる車に限られます。
ギリギリなら未使用車や中古車なども狙い目です。

 

 

その他に消費税増税前に買うものとして考える高額商品は、家電製品、
ブランド品、家具などがあります。

 

家電製品は、商品の種類によって新製品発売のサイクルが異なりますので、
新製品が発売される時に型落ちの商品を買う方法が一番安く買うことができます。

 

例えば、冷蔵庫は7〜8月、洗濯機は8〜10月が狙い目です。
消費税増税3%アップよりも安く買えるので、価格comで最安値を調べるなどして、
消費税増税前に買うものとして慌てて買わなくても大丈夫でしょう。

 

エアコンは2〜4月が安くなる時期なので、値崩れした商品を見つけたら、消費税増税前に
買うものとして下さい。

 

テレビやパソコンなどは、アウトレット店などに行くと、型落ち商品や展示品などが
通年あるので、消費税増税前に買う物として検討してもよさそうです。

 

また、海外ブランドの家電(アップル、掃除機のルンバやダイソンなど)は、どこの
店舗にいっても値段がかわらないので、消費税増税前に買うものとして検討して下さい。

 

ブランド品は、円安、原材料の高騰、消費税増税で大幅に値上げ傾向にあります。
どうしても欲し物があるなら、消費税増税前に買うものとして早急に検討した方が
よいでしょう。
手元に現金がないのなら、クレジットカードを利用して、夏のボーナス一括払いに
すれば、消費税5%のままで買うこともできます。

 

家具も原材料費の高騰で値上がり傾向にあります。
家具を販売しているニトリやイケアは消費税増税分を商品価格に上乗せする予定
なので、消費税増税前に買うものとして早目に検討されて下さい。

 

 

高額商品ではありませんが、食品や日用品も消費税増税前に買うものとして
考えている方も多いことでしょう。
しかし、食品や日用品などは、慌てて買わないようにして下さい。

 

買いだめする場合は、米、酒、ペットのエサ、紙おむつ、化粧品、洗剤、タバコなど、
比較的値段の高い商品で、買い置きしても品質に問題がないもの、収納する場所に
困らないものがおすすめです。

 

安い商品に関しては、1万円分買い置きしても、節税効果は300円だけです。
慌てて買わず、本当に使うかどうかを見極めて慎重に判断して買われることを
おすすめします。

 

特に安い日用品などは、消費税増税後に値下がりしてくる商品も多くなるでしょう。
需要と供給のバランスで値段が決まる商品、価格競争の激しい商品は、消費税増税後、
買う人が少なくなれば、必ず値崩れしてくるからです。

 

食品や日用品などの駆け込み需要は、3月の下旬、21日〜23日の3連休、及び月末の
週末29日〜30日がピークになると思われます。
小売店は、すでに、まとめ買いセールなどを実施し始めています。
小売店のまとめ買いセールなどで、かなり安い商品を見つけたら購入してもよいかもしれません。

 

その他、

 

・定期券、回数券、新幹線の乗車券、航空券
・映画館、レジャー施設の前売り券や年間パスポート
・雑誌の定期購読
・通信教育の受講料
・歯の矯正やインプラントの自費診療
・これから子供が生まれるならベビカー、チャイルドシート、ベビーベッドなど
・コンタクトレンズ
・美容室
・高価なスポーツ用品
・墓石
・人間ドック
・自転車
・五月人形、こいのぼり
・車の修理やタイヤ
・金(ゴールド・金貨):税率差を利用した短期の利ざや稼ぎや将来の不安に対する備えとして

 

など、これから必ず使う予定があるものについては、消費税増税前に買うものとして検討して下さい。

 

 

2014年4月からの消費税増税8%。5%から8%への3%のアップですが、
課税対象が月15万円とすると、3%アップで月4500円の負担増、年間で54000円の負担増
となります。
消費税増税前に買うものを検討して、少しでも負担増を減らしていきましょう。

 

 

〔平成26年3月7日:記事作成〕
〔平成26年3月28日:記事追加〕

スポンサード リンク





あなたの車を売りたい時は下記のサイトがお役にたちます



中古車を探したい時は下記のサイトがお役に立ちます



雑誌やテレビで紹介されているクレジットカードです。
高い還元率で消費税増税分を取り戻すことができます。