高校授業料無償化の所得制限年収は?いつから?910万円、2014年4月から

スポンサードリンク

高校授業料無償化の所得制限年収は?いつから?910万円、2014年4月から

消費税増税とは関係ありませんが、2014年の4月の新入生から、
年収910万円以上の世帯は、公立高校の授業料免除が復活します。
在学生は経過措置として、卒業まで無償です。

 

これまでの制度では、全ての公立高校生の授業料を免除し、
私立高校生には、年間約12万円の就学支援金を支給していました。

 

2014年4月からの所得制限により公立高校の授業料無償化の対象は、
約357万人から278万人に減少するとのことです。

 

この減った分の財源を利用して、私立高校生を対象とした支援金加算制度を
創設し、また低所得者向けの給付型奨学金制度も創設する方針とのことです。

 

 

≪私立高校生への支援金加算制度≫

 

590万円〜910万円未満:年間約12万円

 

350万円〜590万円未満:年間約18万円

 

250万円〜350万円未満:年間約24万円

 

250万円未満:年間約30万円

 

 

〔平成25年12月11日:記事作成〕

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも? 45秒の入力で、すぐに分かります。