軽減税率とは?

スポンサードリンク

軽減税率とは?

軽減税率とは、食料品などの生活必需品に課税される消費税率を、
標準税率よりも低くして、家計への影響を抑える制度のことです。

 

2015年10月、消費税率を10%に引き上げる時に軽減税率の導入を
目指していますが、先行きは不透明です。

 

消費税には、所得が少ない人ほど負担が重くなる「逆進性」があり、
低所得者への目配りが必要とされます。
その手だてとして軽減税率の導入が検討されています。

 

軽減税率は欧州などで広く導入されています。
欧州では消費税にあたる付加価値税は20%を超すなど高い税率ですが、
食料品や新聞・書籍などは、0〜数%に抑えている国が多いのが現状です。

 

消費税増税にあたり、軽減税率の導入をめぐって、与党の自民、
公明両党による協議が本格化してきます。

 

軽減税率を導入する上で、税収の大幅な減少が見込まれることや、
対象商品の線引きが難しいこと、中小企業などの事務負担が増えることなど、
問題は多々あるようです。

 

 

〔平成25年12月3日の記事〕

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも? 45秒の入力で、すぐに分かります。