消費税増税対策(電子マネーで顧客を囲い込む)

スポンサードリンク

消費税増税対策(電子マネーで顧客を囲い込む)

2014年4月からの消費税増税8%への対策として、小売業の大手は
電子マネーの利便性の拡充により顧客の囲い込みを急いでいます。

 

電子マネーの利用は、消費税増税後の小銭のやり取りをが省けるうえに、
買い物金額に応じたポイントがたまるなど、固定客作りにも効果が
あるからです。

 

 

▼主な電子マネーの普及状況(25年9月)

 

・ナナコ/発行枚数:2505万枚/利用可能拠点数:13万5500ヶ所

 

・ワオン/発行枚数:3590万枚/利用可能拠点数:17万0000ヶ所

 

・イコカ/発行枚数:853万枚/利用可能拠点数:23万4820ヶ所

 

・スイカ/発行枚数:4217万枚/利用可能拠点数:23万4820ヶ所

 

・パモス/発行枚数:2364万枚/利用可能拠点数:23万5000ヶ所

 

・楽天エディ/発行枚数:7800万枚/利用可能拠点数:36万5000ヶ所

 

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも? 45秒の入力で、すぐに分かります。