消費税増税による家計負担増加対策/節約術(その@:カード編)

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前にあなたの車も買い替えた方がお得かも?
32秒のカンタン入力で、買い取り価格を無料で調べることができます。
私の車も以外に高値でした(驚)。詳しくは下記の公式サイトで!


消費税増税に関する記事は左サイドのメニューをご覧ください(下に行くほど新しい記事です)

スポンサードリンク

消費税増税による家計負担増加対策/節約術(その@:カード編)

2014年4月から消費税増税8%が確定しました。
2015年(平成27年)10月に消費税10%へと
段階的に消費税が引き上げられる予定となっています。

 

それでは、消費税増税による家計への負担額は、
いったいどれくらいになるのでしょうか。

 

試算によると、例えば夫婦と子供2人の家計負担増額は、
年収300万〜350万円:5万8千円の負担増
年収400万〜450万円:6万5千円の負担増
年収500万〜550万円:7万4千円の負担増
年収600万〜650万円:8万8千円の負担増
年収1000万〜1250万円:11万4千円の負担増
にもなるそうです。

 

政府は消費税増税対策を打ち出し、企業への賃上げを
求めていますが、なかなか給料アップに
つながらないのが現状です。

 

私達の暮らしは、消費税増税で家計負担が増えるのを
節約と収入アップで穴埋めするしかありません。

 

そこで、家計への負担を減らす方法や節約術を
ご紹介していきたいと思います。

 

 

≪その@:カード編≫

 

 

1.電子マネーを利用する

 

平成26年4月以降は、消費税がキリのいい5%から8%になることで、
買い物の支払いで、1円玉のやり取りが増えることになると思います。

 

そこで普段の買い物でも電子マネーを利用してみてはいかがでしょうか。
さらに、電子マネーを利用すればポイントも貯めることができます。
電子マネーでポイントを集めて消費税増税の家計負担を軽くし節約しましょう。

 

・nanaco/セブン&アイ・グループのセブンカード

 

 

2.ポイント・キャッシュバック還元率の高いクレジットカードを利用する

 

一般的なクレジットカードの還元率は0.5%ですが、
なかには、その4倍にもなる還元率2%のクレジットカードもあります。

 

高い還元率のクレジットカードを積極的に利用して、消費税増税の
家計負担を軽くし節約しましょう。

 

≪いつでも1.75%還元≫高還元率REXカード登場!

 

充実したボーナスポイント!漢方スタイルクラブカード

 

 

3.高速道路の利用はETCカードを利用する

 

高速道路を利用する時に、まだ現金で支払いをされている方は、
ETCカードを作りETC割引料金で高速道路を利用して、
消費税増税の家計負担を軽くし節約しましょう。

 

・ENEOSカード

 

スポンサード リンク





あなたの車を売りたい時は下記のサイトがお役にたちます



中古車を探したい時は下記のサイトがお役に立ちます



雑誌やテレビで紹介されているクレジットカードです。
高い還元率で消費税増税分を取り戻すことができます。