消費税10%になる時の自動車の税金の減税について

2019年10月1日に消費税が8%から10%に増税されます。
そのタイミングで自動車に関する税金も大幅に変更されますので、その内容について簡単に分かりやすくご説明いたします。

 

消費税増税10%以前(2019年9月まで)の自動車に関する税金は、下記の3つです。

 

1.自動車税
2.自動車取得税
3.自動車重量税

 

それぞれを簡単に説明すると

 

1.自動車税
毎年、4月1日時点の自動車の所有者にかかる税金です。
排気量に応じて税額が決まり5月末日まで支払いをしている税金です。

 

2.自動車取得税
自動車の購入時にかかる税金です。
取得価格の3%(軽自動車は2%)がかかります。

 

3.自動車重量税
自動車の購入時と車検の時にかかります。
自動車の重さに応じた税額(軽自動車は定額)です。

 

このうち、
2.自動車取得税
3.自動車重量税
には、「エコカー減税」といって環境性能に応じた税額を軽減する仕組みがあります。

 

 

消費税増税10%後(2019年10月から)の自動車に関する税金の変更点

 

1.自動車税
2019年10月1日以降に購入した新車から自動車税が引き下げられます。
2019年9月30日以前に登録していた自動車は、変更はなくそのままです。

 

1000cc以下:29500円→25000円(4500円減税)
1000cc超1500cc以下:34500円→30500円(4000円減税)
1500cc超2000cc以下:39500円→36000円(3500円減税)
2000cc超2500cc以下:45000円→43500円(1500円減税)
2500cc超3000cc以下:51000円→50000円(1000円減税)
3000cc超:(1000円減税)

 

軽自動車は据え置きです。10800円。

 

排気量の少ない自動車ほど減税幅が大きくなっています。
金額的には小さいですが、毎年この金額になるので、
1500ccの自動車に10年乗れば、
4000円×10年=40000円の節約になります。

 

 

2.自動車所得税の廃止
購入時にかかる自動車取得税が廃止されます。
そのかわりに、自動車の燃費性能に応じた「自動車税環境性能割」が導入されます。

 

自家用車:所得価格の0〜3%
営業車:取得価格の0〜2%

 

2019年10月1日から2020年9月30日までの間(1年間)で購入した場合、臨時的にさらに1%軽減されるのでお得です。
新車・中古車ともに対象となります。

 

税率は購入する自動車の燃費基準値達成度に応じてかわります。
例えば2020年度の燃費基準を20%上回っている自動車は非課税になります。

 

 

3.エコカー減税・グリーン化特例の縮小

 

エコカー減税の縮小により、車検の時に支払う自動車重量税は、燃費基準の達成度合いが低く、環境性能の悪い自動車は減税幅が小さくなり自動車重量税が高くなります。

 

重量税のエコカー減税軽減適用期間:2019年5月1日から2021年4月30日まで延長
燃費性能に応じて購入翌年の自動車税を軽減するグリーン化特例:2021年3月31日までに購入した自動車へと延長

 

 

以上のことをふまえ、結論としては、排気量が小さく環境性能の高い低価格車なら、消費税増税後の購入がお得になるかもしれません。
逆に高級なスポーツカーなど環境性能の低い高価格車なら増税前の購入がお得になるかもしれません。
購入したい車種、何年ぐらい乗るかによって損得がかわってきます。
また増税後、受注が減ったディーラーが価格を安くしてくる可能性もあります。

 

消費税8%で購入できるのは、2019年9月末日までに登録された自動車です。
新車ですと注文から登録まで数ヶ月かかることもあるので、自分の欲しい車は、増税前あるいは増税後に購入した方がお得なのか早目にご検討ください。

 

 

〔令和元年7月14日:記事作成〕

その他の、おすすめ情報

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

入力後すぐに分かります。