スポンサードリンク

消費税増税10%の時のポイント還元とは?(仕組みは?対象は?いつまで?還元率は?問題点は?)簡単に説明します

消費税増税10%の時のポイント還元とは?(仕組みは?対象は?いつまで?還元率は?問題点は?)簡単に説明します

 

消費税増税10%の時に実施される「キャッシュレス決済のポイント還元」について簡単に説明いたします。
政府は消費税増税における景気の悪化を防ぐ対策の柱として「キャッシュレス決済のポイント還元」を打ち出しています。

 

 

仕組みは?どんな制度?

 

中小・小規模の小売店や飲食店、サービス業者などで、キャッシュレス決済(クレジットカード、電子マネー、QR決済などで買い物)をすると、代金の2%あるいは5%がポイントで還元される制度のことです。
還元総額に上限はないので、買い物した金額に比例してポイントは増え、高額商品ほど有利になります。

 

 

対象の店は?

 

対象となる店は、中小・小規模の小売店・飲食店・サービス業者で、大手のデパートやスーパーは対象外となります。
コンビニなど大手系列のフランチャイズチェーンは還元率2%での対象となります。

 

 

いつからいつまで?

 

期間は、2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間となっています。

 

 

還元率は?

 

還元率は原則5%。大企業フランチャイズチェーン傘下のコンビニエンスストアはなどは2%。

 

 

対象外の品は?

 

金券、自動車、新築住宅など

 

 

問題点は?

 

キャッシュレス決済を利用していない高齢者や子ども不利になる。
ポイント還元ができる小売店は大手より有利になるが、9ヶ月間の還元のためにクレジットカード会社と契約するメリットがあるのかどうか。

 

 

注意点は?

 

クレジットカード、電子マネー、QR決済など様々なキャッシュレス決済があり、支出の管理が難しくなります。
ポイント還元を目当てに使いすぎてはいけません。きちんと管理し、不要な買い物はしないことも大切です。

 

 

〔令和元年6月19日:記事作成〕

その他の、おすすめ情報

あなたの車、いくらで売れるか知りたくないですか?

消費税増税10%の前に買い替えた方がお得かも?

入力後すぐに分かります。